ポルトガル・タンゴマラソン

今日からもう7月。ブログを更新せねば!

ということで5月8日から5月15日までポルトガルのポルトで開催されたタンゴマラソンに参加してきました。

このブログを読まれている方はすでにご存知。そうです、例の狂ったように踊り込むアレですw

今回、行きのフライトが急病人のため人生初の緊急着陸を体験。その後4時間遅れで目的地に到着。疲れましたが、私が到着した翌日からストライキがあり、中には12時間以上空港待機の方もいたとか。日本にいるとストライキへの警戒心がゼロで怖い。

フライト中はポルトガル語の学習。

◯こんにちは

◯ありがとう

◯さようなら

◯ハイ

◯いいえ

◯すみません

◯お会計お願いします

◯1〜10の数字

これだけあれば生きていけるであろうレベル。あとは身振り手振りと笑顔で乗り切ります。

滞在中は午前中からお昼頃までゆっくりと観光し、その後は翌朝までイベント参加というスケジュール。

見事に黄色一色のB級グルメ「フランセジーニャ」。緑ないんかいと思うところが草食系。

美しいレロ書店。ハリー・ポッターの世界観に大きなインスピレーションを与えたといわれる。

ポルト大聖堂。外の日差しが強かったが、中は冷んやりしていて気持ちよかった。

港町らしく海鳥が飛んでいて、幸運という名の爆弾をよく落とす。友人は頭上に直撃弾を…w

ドン・ルイス1世橋。橋の上で受ける風がとても心地よく、しばらく黄昏ていました。

名物エッグタルト。外はサクサク、中はもっちりで美味しかったん♪

今回のタンゴマラソンの参加者は40カ国250人。強者たちが集うその場のエネルギーレベルの高さに武者震い。違う星に来たような感覚、たまりません。

踊りの中で深く相手とつながると、自分が全てさらけ出されてしまう。自分をごまかせない。心地よさと怖さの同居。自分の弱いところも含めて相手と真摯に向きあう。それが今の自分なのだから。ありのままでいることの大切さを感じた旅でした。

次の旅まで修行はつづく

Kentaro

 

おまけ

帰りの飛行機は幸運にもエコノミー4席のフルフラットシートを確保。疲れもあり、離陸後すぐに爆睡。長距離フライトもあっという間で、帰国後の疲れ方が全然違いました。日頃の行いは大事ですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です