台湾タンゴマラソン

3月1日から3月4日まで台湾の台北で開催された台湾タンゴマラソンに参加してきました。今回は初めてLCCを利用 ♪

機内持ち込み7kgという制約。

最軽量かつ最大容量のスーツケースをわざわざレンタルし、負けられない戦いが搭乗2日前から始まりました。過去の旅の経験を生かし創意工夫の末、見事ギリギリ規定以内。預け入れはロストバゲージの危険がありますからね。(経験ありw)

機内は足元が広い非常口付近の席を予約したのでゆったり快適でした。この LCCのフライトアテンダントの制服を見ていると、頭の中で宇宙戦艦ヤマトの曲が流れてきます。

いつも思うのですが、機内で誰かが食べているカップラーメンの匂いは犯罪的。機内食は食べないという私の流儀が惑わされましたが、現地での食事をイメージしながら無事に到着。

台北の街は歩いていると香辛料の香りと看板のカオスな感じがこの街の生命力を感じさせます。今回滞在したホテルはフロントがなくビルの指定されたポストに入った鍵を自分で受け取る方式。なんか変だと思ったら意図せず初の民泊。しかもトイレが…。(詳細は個別にw)

今回のイベント会場は日本による台湾統治時代に日本人によって設計された建物。赤レンガと天井の木組みがレトロな雰囲気でとても素敵でした。

マラソンは男女比とメンバーが同じで3日間踊ります(1日約12時間)。台湾、韓国、中国、日本、マレーシア、シンガポールなどアジア近隣諸国を中心に200人ぐらいが参加していました。他国のイベントで友達になった方とも数年ぶりに再会。イベントの合間などは仲良くなった人達と一緒に食事へ。これがワイワイガヤガヤで楽しいのです♪

安くて美味しい食の宝庫と言われている台湾。普段1日2食しか食べない私ですが、滞在中はしっかり3食!なかでも下の写真の魯肉飯(ルーロウファン)は私の大のお気に入りで、ほぼ毎食いただきました。おかげで体重もそれほど減らず、なぜかお肌もプルプルに。(当社比)

期間中いろんな方と踊り込んでいくと、自分の中から新しい表現が生まれてくることがあります。それは自分の奥底から引き出されたものであり、私にとっては宝物。それがたったひとつでも、旅の目的が半分以上達成された気持ちになります。

今回は短期滞在で観光する時間はありませんでしたが、多くの新しい友人ができ、充実した日々を過ごせました。これからは地元のミロンガ参加も積極的に旅の計画に入れていこうと思います。

次の旅まで修行はつづく。

Kentaro

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です